上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日も忙しい一日でした。

多種多様なことで 頭の中がいっぱいで
一つが終わったら、次の予定に向けて
頭を切り替えなくては、予定をこなしていけない。

やっと、一つ終わったと思ったら
また、新しい予定が入ってきて。。。

今日は、来年の1月に行われる
震災の授業(父兄参観)と先生の研修授業で
お話をという お話を正式にいただきました。

来月には、お世話になっている方からの
ご紹介で講習会でお話をさせていただくことも決まっています。

想いが溢れすぎていて
それらを整理してうまくまとめることができません。
スポンサーサイト
2014.08.28 Thu l 1月17日に向けて l コメント (0) トラックバック (0) l top
あかん、気がついたら
震災20年の渦に吸い込まれそうになってる(笑)


「震災20年」に振り回されたくない。


だって、来年1月17日は、震災20年ではなく
『20回目の息子の命日』なんだから。
2014.07.27 Sun l 1月17日に向けて l コメント (0) トラックバック (0) l top
前を向いて生きようと必死だったころの想いです
今の私の原点が書かれていました
震災から 7年たった2002年1月17日の日記

**********************


この7年間の間に、私は随分前を向いて歩けるようになりました。

この7年間の事を振り返った時に、友達の存在を語らずに
私の今の生活を書くことができないと思います。

今までに たくさんの友達に出会ってきました。
私が結婚するまでに出会った友達、結婚して出会った友達、
将君に会った事がある友達も、そうでない友達も・・・・

そのとき、そのときの私に必要だった友達の出会いによって、
私は一歩一歩、階段を上ってきた気がします。

悲しみだけの日々の私といっしょに泣いてくれた友達、
泣いてばかりの私を無理のないように、外へひっぱって行ってくれた友達・・・。
元気になってきた自分にストレスを感じていたときインターネットで
知り合った同じ子供を亡くすという体験を持った友達・・・。
外に出るようになったときに、将君を受け入れてくれて、
悲しみを理解してくれようとしたそばにいてくれた友達・・・。

それぞれの時期にあったそれぞれの友達のおかげで、
今の私がいるのだと思っています。

そして今、元気になることを拒んできた私の大きな気持ちの壁を
無理なく取り壊してくれて私が元気になることを
素直に認められるようにしてくれた友達に出会いました。

その友達のおかげで、私はきちんと前を向いて歩いていけそうな気がしています。
今までの私は、元気になることをずっと拒んできました。
そして、その気持ちを一生持ち続けるんだと思っていました。
でも、人間って本当にふしぎな力を持っているのだなって思うほど、
あるときに突然その気持ちが、薄れてきました。
自分でも、びっくりするほど無理することなく自然と・・・。

その人は、私にとって、とってもふしぎな存在で
会って話をするたびに元気をたくさんくれました。
今まで、閉じていた心が自然と開いてくるのです。
そして、今まで、将君が天国へ旅立った日から、
終わってしまったと思うようにしていた私の人生を、
また歩いてみようかなって思えるようになったのです。

決して、将くんの事を忘れたわけでは、ありません。
もっと違う形で将くんの事を思い続けていこうと思うようになったのです。
悲しんでいるだけが将くんを想い続ける方法ではない 
ということを教えられたような気がします。
元気になっていく自分を素直に認めることができるようになって、
随分心が軽くなりました。

そうなることによって、
私は、「ママの人生が、僕が死んでしまったことで、
悲しい暗いものに変わってしまった」という事を知って
一番悲しい思いをするのは、将くんじゃないかなって、
思えるようになりました。

今まで私は、
「将くんが旅立ってしまったから○○ができなくなった」って言ってきたけれど、
それは、将くんに『僕のせいで、ママは人生を楽しめなくなったんだ』って
思わせているような気がしてきました。
今は、大切な息子にそう思わせるこる自分がいることが
すごくつらいと思うようになりました。
だから、私は、元気になっていこうと思いました。

そして、悲しみつづけるという形ではなくて、
もっと違う形で将くんの事を思い続けていこうと思いました。
そばにいてくれる娘が、泣いているママよりも、
笑っているママのほうが大好きなんだなと感じるようになって、
そう思えるようになってきたのかもしれません。

私は、みんなにずっと子供を亡くした私の悲しみを
わかってほしい理解してほしいと思って、がんばってきました。

でも、今は、違います。
理解できなくてあたりまえ、同じ子供を亡くしても、
みんな同じ思いではありません。
亡くなった子供のことも、それまで生きてきた人生も、
考え方も生きていく方向も、みんなそれぞれなんですよね。

だからこそ、すべてをお互いに理解し合うのは
無理だと思えるようになりました。それで普通なんです。
そう思うようになったら自分を理解してほしいと人に望まなくなりました。

そう思うことによって、友達のさりげない心遣いが
すごくうれしく思えるようになりました。

自分の悲しみしか見えなかったあの頃とは違って私のことを
心配してくれている友だちの気持ちを理解しようと思える心の余裕もできました。
そして、私のそばに寄り添ってくれていることに
感謝できるようになりました。

まだまだ、悲しみに押しつぶされることもあるだろうけれど、
それでもそこから這い上がる手立ても見つけました。
そして、その悲しみが、繰り返しやってくることも
受け入れられるようにもなりました。


将君は、震災の前の日、おやすみをして眠りにつきました。
そして、将君には明日が来ないまま天国へ旅立ってしまいました。
だから、私は毎日、明日が来ないで将君のところに行けるようにと
お願いして眠りについていました。

明日(未来)が来ることを拒んでいたあの頃に、
今という未来を考える余裕はありませんでした。

私は今、あの頃、来ることを拒んでいた未来にいます。
そして、あの頃、来ないでほしいと祈っていた夜空の向こうには、
明日があるんだということを受け入れることができるようになりました。

そして、そのずっとずっと向こうには、
天国にいる将くんが待っているとも思えるようになりました。


将君が旅立ってしまったこと
あきらめることも仕方ないとも思うことができないし
将君や優ちゃんへの思いもすごく強いです。

だからこそ、将君との再会(=優ちゃんとの別れ)、
そこにたどりつくまでの道のりを大切にして、少しでも多くの何かを見つけて、
優ちゃんと将君と一緒に笑って楽しく悔いが残らない人生を
過ごしてたいと思っています。

そんな私の人生が将君へのお土産であり、
優ちゃんへの最高のプレゼントになることを祈って・・・




最後に、今までなかなか口に出して伝えることができなかったけれど、
今ここで伝えたいと思います。

今まで、出会って私を支えてくれた友人
そしてこれから出会って私を支えてくれるであろう人たち
優ちゃん将君に会うために一番大切な出会いになった主人・・・
そしてその主人や私を生んでくれた二人の両親に感謝しています。

特に、将君を失ったあと
今まで影で心配しながら支えてきてくれた主人と
私の生きる希望である優ちゃんに
心から感謝の気持ちを伝えたいです。

ありがとう・・・・

これからの人生、もう一度主人と優ちゃんと将君と私の4人家族で
たくさん笑って人生を楽しんで行きたいと思います。

2002年1月17日
2013.07.21 Sun l 1月17日に向けて l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日、寒中見舞いのはがきを出しに郵便局に行ってきました。


年賀状は、出せなくなったけれど
将君が生きていたことを 忘れないでほしい

そんな思いを込めて 毎年命日のころに
寒中見舞いのはがきを出してきました


今日の神戸は、お天気がよく 風もなく
のどかなでした


ボーっと空を見ると きれいな水色で
川の水は 太陽の光でキラキラ光っていて

小さい女の子と一緒に歩いてるお母さんたち

明日が、息子の命日でなければ
もっと、その雰囲気を楽しむことができたかもしれない



18年前の今日は、12時間後にあんな地震が来るなんて
誰も思っていなくて 今日みたいに
みんながのどかに それぞれの自分の時間を楽しんでいました


18年前の今日に戻りたい
そしたら、そしたら
私を見つけて すぐ逃げるように 伝えたい

理由を聞かれても 嫌だと言われても
とにかくとにかく 逃げなさいと
殴ってでも どこか安全なところに行かせるのに…


そんなことを ボーっと考えながら
歩いていました



18年
本当は、すごく長い時間だと思います
でも、私にとっては、ついこの間なのです


あの時の後悔 罪悪感は
どれだけ時間が過ぎても どれだけ 元気に過ごせるようになっても
絶対に消えない・・・


周りから見た今日の私も
何も考えていない幸せそうな主婦なんだろうなって
思いつつ 歩いていました


そう思うと ここを普通に歩いている人たちも
もしかしたら、18年前につらい経験をした人かもしれない


そんな風に思うと みんなが愛おしく見えました



もう少ししたら 神戸の東遊園地に行きます
そして、明日の5時46分をそこで過ごします



あの時に旅立ったたくさんの命が
今、幸せな場所にいますように

そして、大切な人を失っても
頑張って生きている家族や友達の笑顔が
みんなに届いていますように



将君・・・


生きていてほしかった
もう一度、抱きしめたいよ

大好きって言いたいよ



会いたいよ・・・・






将君のホームページのトップページ
10か月ぶりに更新しました(^_^;)





★2月11日(月・祝)13時から NHK総合で 私たち家族のことを紹介した番組があります★
(1月27日から 変わりました)
2013.01.16 Wed l 1月17日に向けて l コメント (2) トラックバック (0) l top
DSC00400_500.jpg

お花いっぱ~い(^o^)

将君のお葬式の時に 
避難していたところの近くのお花屋さんの
お花を全部持ってきてもらって

お花いっぱいのお葬式を
してあげました

二人が生まれた時も そのお花屋さんから
素敵なお花が届いていました。


あれから、毎年 命日には
同じお花屋さんにお花を持ってきてもらっています

そして、父のお葬式の時も
偶然そのお花屋さんがお花を入れている
葬儀屋さんでした


わが家にとって縁のあるお花屋さんです
将君にかかわりのあるたくさんの方のおかげで
今を過ごすことができるようになりました


いろんなことが変わった18年間だったけれど
写真の中の将君は、あの日と同じ・・・



いつみても 同じ・・・


そして、私の悲しみも ずっと同じ・・・
2013.01.16 Wed l 1月17日に向けて l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。