上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Happy Birthday

ハッピーバースデー

あれから何回、あなたのいない
お誕生日を過ごしたんだろう

主役のいないお誕生日は、
私の心に大きな穴をつくる

どんなに、楽しく笑って見せても
ふっと、その穴の中に
すいこまれてしまう

あなたと同じ日に生まれたこの子が
もうすぐ8歳・・・

あなたは、今 いくつなの
あのときのまま、1歳半・・・?
それとも、8歳・・・?

そんなことを考えながら今日が終わって行く

明日から、また いつもの生活が始まる
来年のあなたの誕生日に向けて・・・・・・

2001年7月
スポンサーサイト
2013.07.23 Tue l お誕生日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
600_DSC_0252.jpg


今日、友達がプレゼントを持ってきてくれた。
将君 ゆうちゃん お誕生日おめでとう~と(*^^)

その子に出会ったのは、4年ほど前。
月1で その子を含めた何人かで飲みに行く仲間。


息子の話をしてから まだ、一年たってない。

だからだから、こうやってプレゼントをもらって
すごくすごく うれしかった~♪


こんなことのひとつひとつの積み重ねがあったから
生きてこれたんだろうなって 思う

ありがとう~ さっちゃん(*^^)v


本当に本当に うれしかったです
2013.07.09 Tue l お誕生日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Happy Birthday

明日は、ふたりの誕生日

お誕生日は、ママがふたりに出会えた日
ママが、ふたりの「ママ」になった日

だから、涙ではなく、笑顔で過ごそうと思う






パパとママが、結婚して7年経って
やっと 会いに来てくれたふたり

命が、お腹に宿る事が こんなにも大変だという事
こんなにも偶然の積み重ねだという事
そして、その命に会えることが 
幸せなんだという事を 知った


双子ということで
妊娠してから 無事に生まれるまでが大変だった

流産しかけて 入院してた
早産しかけて ずっと入院してた

少しでも長く ママのお腹の中で過ごせるように
24時間ずっと点滴をしていた
最後の方は、点滴する血管が無くなったっけ

トイレに行く事もできず寝たきりの生活
遠くに住んでいるパパに電話をしに行くこともできず

同室の人達の旦那さんが会いに来る夜の時間
カーテンを閉めて 一人で泣いてたっけ

そんな辛い寂しい時間を
乗り越えることができたのは
お腹にあなたたちが、いてくれたから

予定日の少し前に
突然、破水し真夜中の緊急手術

やっと会えたふたりは 早産で生まれてきたため
とっても小さくて・・・・
保育器の中に入った

一生懸命生きようとしてた

命に別状ないと聞き ほっとしたら
涙が止まらなかった

やっと 会えたね


2週間後に 2人は退院し
ふたりの育児が、始まった

交互に泣き、昼も夜もなく 授乳にオムツ代え
ほとんど寝れない毎日が続いた

眠くて フラフラなはずだったのに
ふたりが、同時に寝てくれた 時間
ずっと、ふたりの顔を見ていた

その時間が、とても幸せで・・・・


大変なはずの育児さえも
育児をできるとう幸せ いっぱい感じて
本当に楽しい毎日を送っていた


そして、阪神大震災


あんなに大切に大切にしてきた 命は
一瞬にして 消えてしまいました

その悲しみは 言葉できないぐらい大きく深く
その時、ママの人生は終りました

生きることが 生きていなくちゃいけないことが
こんなに辛いってこと はじめて知りました

何で、私は、死んじゃいけないの?
死ぬ事ばかりを考えて生きていました

もう、笑うことなんて 絶対にないと 思っていた

将君が いなくなって はじめての2歳のお誕生日
どう過ごしていいかわからず
その日が、来るのが怖くて 毎日泣いてくれしてたっけ

来てほしくないと 思っても 誕生日は
カレンダーから消えてくれるわけもなく
その日を向かえることになった

ママは、ふたり分のケーキ 2個を焼いて
ロウソクを2本ずつ立てて
3人で HappyBirthdayの歌を歌って


涙が止まらなかった

あなたたちの 誕生日が来るたびに
いるはずの 将君がいない 寂しさに
押しつぶされそうになって 誕生日を過ごしていました

あれから、12回目のお誕生日
14歳になった ふたり

ママは、もう お誕生日に 涙を流さないと思う
それは、ママが、将君のことを忘れたわけでではなくて
ママは、将君を、心の中にしっかりと感じることができるようになったから

そう思えるようになったのは
優ちゃん あなたがいてくれたから
優ちゃんの笑顔が ママを支えてくれたから

そして、将君
将君と優ちゃん 二人の育児をしていた時の
あの幸せな時間があったから

あの時間が、ママの心が弱った時に
たくさん、元気をくれた

ふたりとも ありがとうね


今日、1日早いけどと
お友達が、ふたり分のカードを用意してくれて
ふたりにプレゼントをもって来てくれた

でも、持って来る途中で 将君へのカードが
行方不明になったという

カードに書いてくれたメッセージをメールで送ってくれた

「Happy Birthday Dear Shou-kun!
この笹が見えますかぁ~?  この風鈴の音綺麗でしょ~♪」
(風鈴のついた笹の植木鉢がプレゼント)

そして、
『カードが無くなったのは、「将君が もって行ったのかな?」って思った』って
書いてくれていた

なんか、その言葉、うれしかったな
そういう風に 感じてくれる 友達と『友達』でいられること 
私って、幸せだな って 感じた

ありがとうね ○○○○


何度も書いているけれど
私は、本当に素敵な友達にさせえられて
今日まで過ごしてこれたと思う

こんな私を 理解しようとしてくれて
そして 受け入れてくれた

心から感謝しています




お誕生日は、ママがふたりに出会えた日
ママが、ふたりの「ママ」になった日

だから、涙ではなく 笑顔で過ごそうと思う


14歳のあなたたちへ
2013.06.01 Sat l お誕生日 l コメント (1) トラックバック (0) l top
子供たちの誕生日
いろんなことを考えながら過ごしました

なんだかんだと 忙しい一日でしたが
私的には、とても満足できた一日でした


夜は、家族で食事に行ってきました

20120705_400_xx.jpg
2012.07.06 Fri l お誕生日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。