上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
やりたい事がいっぱい
興味のある事がいっぱい

震災や防災とは、全く関係ない企画の打ち合わせに
娘と行ってきました。

なんだか、とても楽でした。

今まで、娘とは震災や防災関係の事を
一緒にしてきたけれど 娘には
こんな楽しい企画も。。。。
いや、こんな楽しい企画の方が。。。。
いいのかもしれないと思いました。

今日、娘は、震災や ママの悲しみ きょうだいの死の中で
育ってきて、それらに頭を押さえつけられて(うまく表現できないけれど)
きたんじゃないかと感じました。

娘がどれぐらい自分で
震災の事やきょうだいの死と向き合おうとしているのか
私にはわからないけれど
それをすることで ママが喜んでくれると
自分の意識しないところで思って
震災というものから 離れずにいるとしたら

その殻の外で生きることができたらいいなって思いました。

それには、まずは、私が、子離れすることが
大切なことなのかもしれないなって。


きょうだいが死んでしまった悲しみは
私にはよくわかってあげれないけれど

少なくとも 息子の事を全く記憶にない娘に
息子の事を押し付けてしまったこと
良かったのか 悪かったのか 今の私はわかりません。

私の想いだけで
娘に息子の事を押し付けてきたんじゃないかと
色々と考えてしまいました。
スポンサーサイト
2014.05.30 Fri l きょうだいを失った想い l コメント (0) トラックバック (0) l top
震災から6年経ったころ
ホームページを通じて 阪神大震災で妹さんを亡くされた方と出会いました

彼女の妹さんへの想いをホームページに掲載させていただきました


きょうだいを失った人たちの想い
人それぞれですが、こんな風に感じている人もいるということ
知ってほしいなって思います


愛ちゃんのこと 2001年
2013.03.28 Thu l きょうだいを失った想い l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。