上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
子供達の二十歳の記念に作っていただいた歌が
CDになります。

それにむけて、色んな方にご協力いただいています。

私の歌に込めた想いをお伝えさせていただいたとき
みなさん、本当に快く引き受けてくださいました。

阪神大震災から 来年で20年。

20年、、、、って
被災されてない方にとっては、どんな時間なんでしょう。

10年ひと昔、と言っているように
20年といえば、ふた昔前のこと。

そんな前のことをいつまでもと
言われる方も多いと思います。

でも、あの日大きな被害を受けた私たちにとって
20年前のあの日を思い出すことは
「昔のこと」ではなく、「この間のこと」なのです。

阪神間から一歩出たときに
いつまでも震災のことを語ることに対して
罪悪感に似た 何とも言えない気持ちになります。

いつまで言っているの?
もう、過去の震災のことなんて今更伝えても。。。

そんな風に言われてしまうと
伝えようとしていることは、いけないことのように感じてしまいます。


でも、今回のレコーディングンを進める中で
震災は、過去のことではない 今も続いている
語ることで罪悪感も感じる必要もないし
普通のことなんだと感じることができます。


東日本大震災が起こってから
東北に目を向けた時期もありました。

そこでたくさんの方とつながることができたことを
大切にしたいと思っています。

でも、きっと、私の居場所は神戸なんだ
ということを あることをきっかけに
強く思うようになりました。


たまたま、震災20年を前にこの歌のCDが
出来上がりますが

これは、私にとっては
子供達の二十歳の記念の歌。


ただ、この歌を通じて この歌のCD化を通じて
神戸で被災した方々の「あの日」への想いを
改めて知ることができました。


20年近く前に起こった
それぞれの「あの日」の出来事は
それぞれの胸に深く刻まれていると思います。


あの日、それぞれの場所で
それぞれの経験をした私たち。

天国へ旅立った人への想いの中で
必死に生きて来た時間。


私たちは、その時間の中で出会い
そして、今、つながりました。

別々の道を歩いていたけれど
その道は、時々交差し そこで出会い
また、それぞれに歩いて行く。

きっと、歩く方向は同じだったのでしょう。
だから、時々つながってこられたのかなと思います。

まだ出会っていないけれど
同じ方向に歩いている人たちは
きっとたくさんいるのかもしれない。


そんな人たちの気配を感じながら
これからも歩いていけたらいいなって思います。
スポンサーサイト
2014.08.04 Mon l 歌;笑顔の向こうに l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。