上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今年も 1月17日が終わりました。

昨日、娘が ぽつりと言いました。

「ママ、今年も1月17日が終わってね」


何をするわけでもないけれど
その日が、私たちの1年の区切り。。。


16日の夜から 17日の朝まで
神戸の東遊園地で夜を過ごしました。

1時ごろまでは、何となく人がいるのですが
そのころから 朝の4時からの 追悼行事に向けて
追悼会場の隅に設置されたテントの中で仮眠をとる人もいて
ちょっと静かな時間になります。

ふらふらと竹筒のところに行き
空を見上げると きれいなお月様がありました。

澄み渡った空のきれいなお星さまとお月様

満月なのなかな?

19年前の1月16日も満月でした。

その日の夕方、おばあちゃんの病院の窓から
大きな太陽が沈んでいくのを見た時のことを思い出しました。

悲しい気持ちではないけれど
なんだか 胸の奥がキューンと締め付けられました。

わずかな時間だったけれど
静かにあの日に戻ることができました。

夕方の4時からは、ボランティアの方たちが
集まってきて 準備を始めてくれました。

子どもから80歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんまで。

5時46分には たくさんの人が集まりました。

今年は、少し少ないね。。。
みんなそんな風に話していました。

来年は、20年。
きっと、すごい人になるでしょう。

静かに将君を想う事はできなくなるかな?

来年は、どこで過ごそうかな?
知り合いが、夜から朝の5時46分まで追悼ライブをするそうです。

そこで過ごすのもいいかもなって
ふと思いました。

今年は、絵本の事もあって
ゆっくりと17日を過ごすことができませんでした。

将君のために作った絵本のために
使う時間だから それでもいいのかもしれないって思ったりもしましたが


なだか、ふと ゆっくりと将君のことを想う時間を過ごしたいなって思いました。

絵本の発送作業 頑張っています。
少しでも早く、皆さんのところにお届けしたくて

二人で発送作業をしているので
なかなか進まず 注文をいただいた皆様をお待ちしております。
ごめんなさい
スポンサーサイト
2014.01.19 Sun l ママの想い l コメント (0) トラックバック (0) l top

息子の命日まで あと2週間ちょっと。

普段、心の隅っこにしまっていたり
考えないようにしてるいろんな想いが
顔を出してきます。


今日、阪神大震災でお子さんを亡くした人たちと
ご飯と食べました。

楽しかったです。
そこでしか言えないいろんなの想いを話しました。

普段、メールやネットでつながっているわけじゃないけれど
年に1回か2回ぐらいしか合わない人たちだけど

このメンバーとの集まりは、私にとって一番居心地のいい場所です。
気を使わず過ごせる人たちです。
2014.01.02 Thu l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
2014年が、はじまりました。

あけましておめでとうが ずっと言えなかった。
全てのイベント事があるたびに
そんな世間の楽しそうな空気に押しつぶされそうになりながら
生きていた、何年も・・・・。

年賀状を送ることができなくて
でも、息子の事は忘れてほしくなくて
命日に向けて 寒中見舞いを送ることにして
今でもその寒中見舞いを送り続けている。

私にとっての一年の区切りは
お正月ではなく、息子が亡くなった1月17日。

その日が、終わらないと一年が始まらない。

そんな風に思っているのは私だけではないみたい。

19年が経つけれど
未だに年賀状を送れないと言う人もいる。


私は、ある年から 年賀状を送ることができるようになった。
それは、2005年の同窓会がきっかけだった。
やっとやっと 再会できた友達との連絡が、
また途切れるのが嫌だったから。


今では、普通に年賀状が送れるようになった。
そうなったことに対して もう罪悪感は持っていない。

19年という時間は
しずくが、岩を削っていくように
すこしずつ私を変えていった。

正確には、時間が私を変えたのではなく
19年と言う時間の間にであった人や
頑張って生きてきて感じたいろな思いや
息子への思い 娘への思いが
私を変えていったんだけどね。

今、年賀状を作っています。
今年は、絵本の事やテレビのことを伝えたいな。
2014.01.01 Wed l 年賀状 寒中見舞い l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。