上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
明日は、娘の取材 再び~♪

直後のこと
娘と一緒に死のうと思っていた時のこと
そして、実際に行動を起こさなかった思いを
話そうと思う。

その時は、必死で生きていて
自分を客観的にみる余裕もなかった。


というか 「現在」を客観的にみることは
普段しないのかな???

客観的に見えてくるのは
時間が経って 『今の自分』が『あの時の自分』を
振り返ったときなのかもしれないね。

『遺族』である自分の立場と
そうでない人たちの間に大きな壁があると
ずっとずっと 思っていた。

ある日、そのことを友達に話したことがあった
「みんなが、『子供を亡くした私』に近づくことを避けてる。
みんなが壁を作っているから私は、みんなとのあいだに距離を感じる」と。

それを聞いていた友達が言ってくれた。
「壁を作っているのは、みんなじゃなく、あなただよ」

衝撃だったな、その子の言葉。

「そんなわけない」って思った。
私は、自分の気持ちを聞いてほしいと思っているのにみんなが、その話をすることを避けてる」って。


でも、「子供を亡くした私」という殻で身を固めていた私。
周りから見たら その殻が 大きな壁だと感じたんだろうね。

何か話しかけたくても
その殻の中で怖い顔して警戒して世の中を斜めに見ていた私に
声はかけれなかったんだろうなって。

それが、悪いことだというのではなく
子供を失うことは、そういう気持ちにしてしまうほど
苦しくつらいものだということなんだけれどね。

あの時の私自信を客観的にみることができなかったから
そんなことない!って 周りが私のことをわかってくれないからだと
思ったりしてた。

そのことが、壁をどんどん高くしていたのかもしれないね。

自分が作った壁なのか、相手が作った壁なのか
それは、どちらでもいいんだけれど

私は、その壁を一生超えることはできない。
壁の向こうの世界には、絶対に行けないと思っていた。

子供を亡くすということは
経験した人でしかわからないからと。。。。


でも、ある日、その壁を越えたと思う時が来た。

それは、9年前に同窓会をしたとき。
自分の人生は、子供を亡くした人生。
それ以前の人生は、私の中でどうでもいい時間だった。

私の中で完全に消えてしまったし
思い出すことさえも自分が意識しないところで
拒否していたと思う。

でも、同窓会をしたときに
子供を亡くしてない人生が自分にあることを思い出した。
そして、その高校時代を懐かしく思える感覚が生まれてきた。

子供を亡くしていない人生を思い出し
同級生と楽しく過ごそうと思えたときに

一生超えることができないと思っていた
大きな壁を簡単に飛び越えたって思えた。

あまりにも、自然にあっけなく
その壁を越えてしまったことに 軽いショックを受けながらも
同級生との楽しい時間を過ごしている私がいた。

それからかな?
震災にかかわることができなくなったのは。

震災という文字や震災にかかわることが
私にとってつらいことになってしまった。

その当時、人と防災未来センターで語り部のボランティアをしていた。
その施設に近づくと 心臓がドキドキして つらくなってしまう。

わぁ~と叫んで 頭から消したくなってしまう。
息子のことを考える時には そんな風には感じなかった。

でも、「震災」や震災のことを話す取材に対しては
強い拒否感があって しんどかった。




当時通っていた、カウンセリングの先生に
そのことを話した。

先生は、離れていいんじゃないですか?
と言ってくれた。

その言葉を聞いて 離れてもいいんだって 楽になった。

語り部をやめて 震災に関するいろんなことから離れた。
講演も取材もすべて断った。

その時のことを分析してみると
あの時の私は、同窓会をすることで
「普通」の生活をしたいと思うようになっていたのかな?

前に進まなきゃって強く思っていたのだと思う。
だから、その気持ちを後ろに引っ張る 邪魔をする「震災」のことに対して
拒否感を持ったのかもしれない。

何度も言うけれど 息子のことは拒否感を感じなかった。


そんな私が、再び取材を受けるきっかけになったのは
「笑顔の向こうに」を作詞してくださった 臼井先生とのつながりだった。


某テレビ局の方が、臼井先生が作られた
しあわせ運べるように の取材をされていた。

その取材の中で、臼井先生が、私との出会いのことを
話してくださったようで
テレビ局の方から、取材をさせてくださいと連絡があった。

すべての取材を断っていたので
お断りをするつもりだったけれど
私が、必死で生きる道を探していた時に出会った臼井先生。

その先生との出会いについての取材を
断っていはいけない気がした。

断ることで、私が必死で生きてきた時間を
否定するようなそんな気がしたから。

そして、取材を受けることにした。

そこから、いろんなこと いろんな人との出会いがあり
今の私を作ることになった。

あの時に、取材を受けていなかったら
臼井先生とのつながりもあの時で終わっていて
きっと、この「笑顔の向こうに」の歌は、生まれなかったと思う。

人との出会いは、その時は、何気ないものだけれど
後になって あの時の出会いがなければ 今の私はいなかったかも
という出会いになる可能性がある。

同じ経験をしていなくても
人はつながっていられる。

自分と同じ経験をした人 同じ思いをした人を探していたあのころの私。

一緒じゃない人を否定して 一緒じゃないことで
壁を作ってきたあの頃の私。

一緒じゃない人 違う思いの人と出会ったとき
そんな感じ方考え方があるんだよね。

それぞれなんだよねって
相手を受け入れることができるようになった今の私。


震災から20年という時間は
人の気持ちを変えることができる時間なんだろうなって思う。

そして、子供を思う気持ちは、変わらない時間でもあるんだって。


こんなことを明日、話せたらいいな、って
たぶん 明日になったら忘れてしまって話せないかも。

これ印刷して 忘れないように手元においておこう(笑)
スポンサーサイト
2014.09.06 Sat l 阪神大震災への想い l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

『笑顔の向こうに』
今日のシンサイミライ教室、よかったです。
絵本がアニメーションになって、さらに竹下恵子さんの気持ちが入った朗読、本当に良かったです。
娘を抱っこしながら、なみだに気を取られないように観ていました。
アニメから実写に変わって娘はやっと気付いたみたいで、「Tさんに会いたい」って連呼いました(^_^;)
『笑顔の向こうに』 ユーチューブで見ていたので、耐えれましたが、心にくる歌で大好きです。 妻は、着メロにしたいと言っていました(^_^;)
本当にいい番組内容だったと思います。
2014.09.13 Sat l 雅人のとうちゃん. URL l 編集
No title
お久しぶりです。
番組見てくださってありがとうございます。
竹下景子さん、さすがですね(^o^)
アニメについては、
あれだけの時間で伝えられる部分が限られているので
仕方ないのですが できる限り長く時間を取っていただきました。
自分の映像は、恥ずかしくてあまり観たくないです(^_^;)
みなさんによろしくお伝えくださいね
2014.09.13 Sat l まっぴぃ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://angelsladderforshou.blog.fc2.com/tb.php/747-5afaac84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。